自動飛行型農薬散布マルチコプター

搭載したカメラを通じて圃場の形状を自動認識し、完全自動飛行で農薬の空中散布を行うマルチコプターです。

熟練オペレーターがいなくても、タブレット端末の簡単な操作で空中散布が行えます。
正確な位置制御・散布制御が可能なので、無人ヘリでの散布が難しかった小規模・変形圃場に対応。 軽トラックに積める機体で、飛行1回あたり10リットルの農薬を1ヘクタールの圃場に散布できます。

自動飛行型農薬散布マルチコプター飛行映像(2016年)