農業Digital transformationNileBank

個々のデータでは
到達できない領域へ
デジタルツインを実現する「農地データプラットフォーム」で、
新たな気付きを発見

圃場マップに様々なデータをつなぎ、適切に圃場・作物の状態を把握できます。
画像・センサーデータ等により「現在」を把握し、
コンピュータ内で再現し「未来」を予測します。
データと解析技術を活用し、農業の最適化を実現します。

Overview概要

電子地図の上に、全てのデータを整理整頓
PC・スマートフォン等で閲覧&関係者共有を実現

ドローンで撮影した空撮画像、センサーデータ、衛星データ、気象情報、作付品種、土壌、農業資材、作業記録・作業計画等の農業における様々な情報は、紙や電子データ等の多様な形式で存在しています。これら情報を地図をベースとしたデジタル情報として、一元管理します。クラウド管理なので、関係者共有も可能です。

※一部開発中

  • 圃場マップ

  • 作業記録・作業計画

  • 生育把握・生育診断

Features特長

圃場マップで、様々なデータを一元管理
可視化したデータ共有で、円滑なコミュニケーション

高精度地図データによる圃場マップ

全国3,300万の農地データが標準で登録されているので、管理圃場を選択するだけで、圃場マップが完成します。この圃場マップ上に様々な情報をつなぎ、体系的に管理できます。

データは、圃場毎に時系列で確認

圃場毎に、複数データが時系列で記録されるので、過去に遡って農地の状態を把握できます。昨年の農地の状態を見返して分析できるので、栽培計画に役立ちます。

デジタルツイン解析技術で、作物状態が一目瞭然

画像処理・解析はもちろん、コンピューター内で作物をシミュレーションします。様々なデータを集め、より精緻に、圃場や作物の状態を分析し、可視化します。

クラウド管理で、関係者とリアルタイムで情報共有

離れた場所にいても、情報共有ができます。農業生産法人の従業員同士だけではなく、営農指導員などの関係者間で、リアルタイムに圃場情報と作物状態を共有できます。

Features特長

圃場マップで、
様々なデータを一元管理

高精度地図データによる圃場マップ

全国3,300万の農地データが標準で登録されているので、管理圃場を選択するだけで、圃場マップが完成します。この圃場マップ上に様々な情報をつなぎ、体系的に管理できます。

データは、圃場毎に時系列で確認

圃場毎に、複数データが時系列で記録されるので、過去に遡って農地の状態を把握できます。昨年の農地の状態を見返して分析できるので、栽培計画に役立ちます。

可視化したデータ共有で、
円滑なコミュニケーション

デジタルツイン解析技術で、作物状態が一目瞭然

画像処理・解析はもちろん、コンピューター内で作物をシミュレーションします。様々なデータを集め、より精緻に、圃場や作物の状態を分析し、可視化します。

クラウド管理で、関係者とリアルタイムで情報共有

離れた場所にいても、情報共有ができます。農業生産法人の従業員同士だけではなく、営農指導員などの関係者間で、リアルタイムに圃場情報と作物状態を共有できます。

Serviceサービス

NileBankの基本利用

全国3,300万の農地データから管理圃場を選択し、
圃場マップを作成することができます。

オプション

  • 土壌診断の記録Record of Soil Diagnosis

    窒素・リン酸・加里・ケイ素・マグネシウム・pHを記録し、適切な施肥管理を実現。 収量安定や環境保全につながります。

  • 共有モードShared Mode

    リアルタイムで、関係者とデータ共有できます。円滑なコミュニケーションと次世代の担い手への農法継承につながります。

  • 空からの
    センシングSensing

    高い所から広域画像を取得し、作物判定や作物状態を可視化。データは、ドローン等の自動農機と連携します。

  • 生育診断Growth Diagnosis

    ディープラーニングよる病害初発検出や、画像解析による作物状態予測を行います。結果を元に、より精密な栽培管理ができます。

  • 追肥の
    飛行経路生成Flight Path Generation

    ドローン・自動農機で、必要な個所にだけ追肥・農薬散布できる飛行経路を生成します。作業効率化と環境への配慮を実現します。

  • センサー連携Sensor Cooperation

    各種センサーと連携することが可能です。例えば、水田センサーと連携し、水位・水温を確認し、水管理に活かせます。

Example活用イメージ

JA 様

会員様への営農指導に活用

  • 1.データ集約で効率化

    煩雑で手間のかかるアナログ管理から脱却し、
    必要な情報をスムーズに閲覧できます。

  • 2.きめ細やかな営農指導

    作付情報や時系列データにより、
    会員様へ的確なアドバイスができます。

企業 様農業・食品関連

生育状況にあわせた提案

  • 1.コンサルティング提案

    土壌診断やセンシングデータを活用し、適切な
    栽培計画・施肥計画や資材の紹介ができます。

  • 2.農作物の引き取り計画

    生育把握・生育診断により、
    引き取り計画・販売計画を立てられます。

自治体 様市区町村

耕作放棄地の特定や水稲エリアを明確に把握

  • 1.リモートセンシングで作物判定

    耕作放棄地や水稲エリアを特定し、
    データで管理します。

  • 2.農地パトロール調査から解放

    多くの人手と時間が必要な調査を
    効率的に実施できるようになります。

農家 様

データと自動農機を駆使した農業経営

  • 1.従業員同士でリアルタイム共有

    農業生産法人内で、データ共有することにより、
    円滑にコミュニケーションをはかれます。

  • 2.データを蓄積し未来へ

    年に1回しかできない農業を記録し、将来に
    つながる業務効率化と農法継承を実現します。​

  • JA様
  • 企業様農業・食品関連​
  • 自治体様市区町村​
  • 農家様